にしは  しらぬい

【にしは しらぬい】

1 にしは しらぬい ひがしは あその
  もゆる ひとひの その まん中の
  こうし たかはら すすきも なびく
  びなん 松五郎 うまれた ところ

2 ここに てる月きゃ 月まで きれい
  星も ふるよな ぎんがの 岸で
  だれに みしょとか 夜のふけ までも
  雲も よせない こがねの お化粧

3 にじの かけはし ひぐれて たえりゃ
  天の かわせで あう瀬も せかる
  よるに なく鳥りゃ 松五郎 さまを
  しのぶ 女郎衆の ひれんの すがた

4 さても ゆかりの こうしが はらに
  めぐり きました うら盆 まつり
  さぁさ 踊れよ 踊って まねきゃ
  坂東 松五郎 おの 声がする

5 盆の 踊りは 天明の むかし
  おのこ おとめが なき ひとびとの
  みたま よびよせ なぐさめ まつる
  ちょうし 合わした その てまねきが

6 つたえ つたわり 昭和の みよの
  いまに つづいた ゆかしき ならい
  げんせ ごしょうの へだては あれど
  おやこ 兄弟 なき 友びとを

7 しのぶ なさけは みな 谷川の
  おなじ なる瀬の ゆくすえ までも
  まして われわれ あしたに 夕に
  みとり みとられ むすんだ えにし

8 ともに 去年は 踊った 友も
  今年しゃ みたまの そのかずに 入る
  それを おもえば 踊らにゃ すまぬ
  あすの 無情は わが身に かかる

9 朝日 でぬまの はづえの 露か
  ひるを とじゆく すいれんの 花
  どうせ このよは かりねの 夢の
  さめて はかなき さだめで ござる

10 ないて くらすも わろうて すむも
  おなじ 流れの うたかた ならば
  こころ のんびり 気も わか水の
  唄うて 踊って よを はればれと

11 なにを くよくよ なぎさの うきも
  水の ながれに まかした いのち
  すてた 故郷の みれんも さらり
  ヨイト ヨイトサで 踊って あかせ

12 盆の 踊りは 惠楓 音頭 
  みどり ときわの ひのきの 森に
  音頭 やぐらの たいこが ひびきゃ
  あその けむりも うかれて なびく

13 さぁさ はやせや そろうて はやせ
  そろて はやせば 輪もまた ふえる
  ふえる はやしに 音頭も はづみゃ
  かざす ての花 ひくての 落花

14 いけに うつるは ありゃ ひのかげか
  うぶな おとめの 紅そめ たすき
  しろく はゆるは そのこの てぶり
  てぶり やさしや もの言うて みたや

15 踊りゃ いなもの また 縁なもの
  調子 合わして あしどり そろや
  月見草 かよ 朝顔の 花
  月の あかりで あの 花がさく

16 水に またたく み堂の あかり
  かわる 音頭の 踊りの てまに
  そでを つらねて 善男 善女
  なんの 祈りか はた がんかけか

17 たみは 御生楽 よは おだやかに
  ごこく 波うて 穂も なびけよと
  いのる 題目 おんしの 楓
  銀杏 わが木の はになり さやりゃ

18 枝も ゆるがぬ めぐみの 柿は
  としを わかたぬ たまみを たれて
  やがて 秋くりゃ にしきも あやに
  あした 夕べに かがやき みのる
入所者数
(2017.9.7現在)
男性:105名
女性:134名
合計:239名
今年の
逝去者数
16名
カテゴリ
メールの送り先
検索フォーム
リンク
プロフィール

菊池恵楓園入所者自治会

Author:菊池恵楓園入所者自治会
〒861-1113 
 熊本県合志市栄3796
 TEL096-248-5342   FAX096-288-0337

QRコード
QRコード